カテゴリ:我が家( 35 )

お正月イロイロ

『おせちもいいけど カレーもね‼』
    このコピーが使われたCMは
     ググったら 1976年のキャンデイーズが初ですって。名コピーですわ~。



で。。。本題へまいります。

我が家は
『おせちもいいけど コンフィもね‼』
    一回目は フライパンで。
     すると足の先が邪魔して  皮の色がまちまちに。
     (足の先 私には切れませんでした~(>_<) )
     なので 二回目は オーブンにしましたら いい色合いの皮に。
     フライパン オーブン どちらにしても
     皮パリパリ 中ジューシーに仕上がりました♪
     オデザ、洋梨がもうなくて 梨に変更余儀なくでしたが
     それなりに おいしくできました♪

f0233193_22612100.jpg




おせちもいいけど という表現は我が家には正確ではなくて。
今年は諸事情により おせちを用意しませんでした。



諸事情とは。。。。

ここは ドバイですか~? 
って 行ったことないのですが(^^ゞ

いえいえ マカオです。
リスボアカジノ
f0233193_2131915.jpg






犬好きは 異国に行っても 
ワンコがいると そちらについ目を奪われてしまうのです~。
f0233193_21375676.jpg





エッグタルト屋さん (1つ30円くらい 安い‼)
f0233193_21435480.jpg





マカオ博物館
f0233193_21292834.jpg






モンテの砦
f0233193_21295376.jpg





モンテの砦から メインランドチャイナ側
f0233193_21455970.jpg






モンテの砦から 市街地側
f0233193_21463133.jpg








聖ドミンコ教会
f0233193_21494151.jpg






セナド広場 
(クリスマス前も 後の元旦も クリスマス)
f0233193_2127941.jpg






セナド広場の横道
(スペインのミハスを 思い出します~)
f0233193_21283455.jpg





聖ポール天主堂への道
f0233193_2128027.jpg






聖ポール天主堂跡
f0233193_21411288.jpg






20年ほど前 母と一緒に行った時は
修復中? でしたが
こんなにきれいになったのですね~。
f0233193_21341030.jpg






聖ポール天主堂跡 頂上から見える 市街地
f0233193_2150553.jpg





一気にお写真アップでした~041.gif
by daisukicoochan | 2012-01-05 21:12 | 我が家

ありがとうございました 2011

あの時の クリスマスリース



少し変えて
辰年のお正月飾りに変身~しました。
f0233193_0224093.jpg







2011年は
台風 東日本大震災。。。 悲しいことが たくさんありました。

大切なお友達の 旅立ちがありました。


日常の色々な場面で あたりまえだと思っていたことが 
どんなに大切なことなのかと 改めて気づきました。

新しい年になっても
平和 平穏を お祈りし続けていきたいと思っています。

感謝の気持ちを忘れずに 日々過ごしていきたいと思っています。





拙いブログにご訪問くださって ありがとうございました。
よい年を お迎えください。
2012年が 皆様にとって 素敵な年になりますように❤
by daisukicoochan | 2011-12-28 14:18 | 我が家

今日から12月

仏教徒ですが
玄関扉に Christmas Wreathを 飾りましたの♪

スターアニスやシナモン オレンジにアップル。。。
食いしん坊の私は 飾りに 本物の食べ物をチョイスしたので
いいかほり~ が しております♪
f0233193_141625.jpg



素敵でしょ~♪
素敵な先生に 素敵なお花組にいれていただいて
ご指導いただきましたの♪

その話は またゆっくり。




今年の流行語大賞は
金賞 ポポポポ~ン
銀賞 なでしこJAPAN
とのこと。 なるほど~。

我が家の 花のナデシコちゃん。
切り戻ししたら 12月になっても 咲いております。
“うい奴”じゃ~♪
f0233193_1213100.jpg






我が家の白い “うい奴”は 百面相中。
かわいい~♪
f0233193_0581398.jpg





ひっひどい~。。。
f0233193_0585381.jpg





やまとなでしこへの 道のりは遠そうです。
でも 好きよ~Dooちゃん♪
by daisukicoochan | 2011-12-01 08:40 | 我が家

余韻

Lalan先生が 持ち帰るために 包んでくださった姿が
また かわいい~mignon♪

帰宅後 嬉しくて パチリ。
f0233193_11462873.jpg





そのままにしておきたい気持ちではありましたが。。。
包みを開けて bouquetを飾って
f0233193_1152279.jpg




記念撮影をしていると Dooが 近寄ってきました。
いいかほりだね~♪
f0233193_11542624.jpg






千尋先生には お手製のコンフィチュールのお土産をいただきました。

帰宅してからも アフタヌーンティの余韻に ウキウキ♪
f0233193_11572215.jpg

by daisukicoochan | 2011-11-28 11:36 | 我が家

母と

先日来 実家の母がDooに会いに来てくれていました。

我が家に来て 約5カ月のDooは テリトリー意識も芽生えてきたらしく
一丁前に 吠えたりしていましたが
餌付けされると コロリ012.gif

単純なことは いいことです!



Doo 「おいしいは 人と犬の共通語ですワン♪」
f0233193_021373.jpg






一緒に 公園でお散歩したり
ドッグランで みなさんに甘えさせてもらっている様子を見たり
犬好きの母は Dooの日常をみて 楽しげでした。






習っているお料理&スイーツを 母にもご披露~。

半人前の腕前の私でも
ちえこ先生とちひろ先生(あいうえお順です~)の お陰で
母においしい思いをさせてあげることができました♪
ありがとうございます。


写真は デザートの一枚だけ パチリ。
f0233193_094958.jpg
 
by daisukicoochan | 2011-11-15 23:30 | 我が家

おやすみのご挨拶

みなさまは
夜 眠りにつくとき 愛息子さんや愛娘さん(ワンコのね。)に
なんと 声をかけていらっしゃるのでしょう~?



   ~我が家の夫の場合~
「Dooちゃん おやすみ。 また 明日ね。
 今日も かわいかったよ053.gif







037.gif037.gif037.gif037.gif037.gif037.gif




器量よしかどうか なんて関係ないのです。
溺愛なのです。 ぷぷぷ~037.gif
f0233193_222286.jpg

by daisukicoochan | 2011-09-15 21:45 | 我が家

9月のゴーヤ

真夏の強い日差しを 遮ってくれて
随分 助けてくれたゴーヤちゃん。

そろそろ 実もできなくなってきました。
葉もところどころ 枯れてきて 
ロールカーテンにうつった姿も 歯抜け状態になってきました。
f0233193_19535211.jpg






暦の上では 随分前のことですが
ここ最近になってやっと 秋の訪れを 体感してきました。





Dooちゃん 初めての秋だね。
あなたのお姉ちゃんは カサカサ音がする枯れ葉の上を歩くのが好きだったのよ~。
f0233193_2002525.jpg






今のあなたは 落ち葉を見たら 時々口に入れているけれど
“食べる” 以外で 秋を感じることができるかしらね~001.gif


Doo 「“食べる” と~ “スポーツ”の秋も 楽しみま~す!」
f0233193_20103272.jpg

by daisukicoochan | 2011-09-01 19:47 | 我が家

ゴーヤ 2011

5月8日のゴーヤの日から 約2ヶ月。

緑のカーテンに 花が咲き始めました。
f0233193_16203137.jpg





実も どんどんできて
今朝は おひたしにして 食べました。
f0233193_1621135.jpg






Doo  「ゴーヤちゃん どこ~? 私も見たい~!! ここから出して~!!」
f0233193_1627047.jpg

by daisukicoochan | 2011-07-13 16:18 | 我が家

3月の お彼岸3連休話

昨日の続きです。

3月の3連休、お彼岸の京都帰省、
新幹線に乗ろうと 東京内を移動している道中は 
母国に帰るのであろう大きなスーツケースを両手に持った外国人さんを
たくさん見かけました。
幼子をつれたお母さんや その方たちを見送るスーツ姿のお父さんという光景も
たくさん見かけました。
この風景にも ショックを受けました。



震災で 私の心は 大~きく沈み込み、
Cooの御墓をつくったことで 改めてちょっとおセンチになり。。。


両親が そんな私を 気遣ってくれて
あえてゴルフや 観光や 外食に 連れていってくれました。
(京都は お店もガソリンも電気も他なにもかも 通常通りでしたから。)

結婚して離れるまで 京都には23年すんでおりましたが
f0233193_224467.jpg





お初です、北野天満宮の梅花見。
f0233193_2243483.jpg






両親と私たちも 記念撮影してもらったりして すっかり観光客です。
f0233193_22541813.jpg




f0233193_2258176.jpg

天満宮近くのお店で きなことあんこの
あわ餅を 購入しました。

f0233193_239830.jpg















f0233193_22583884.jpg
箱の中身は 自宅に戻ってから開封した
写真なので
きな粉に あんこの
水分がしみてしまって 
色が変わっています。
でも ここが また おいしかった~!







左のおじさんが 餅を一口大に切って ぽいっ!
右に二つある あんこいりの容れ物と きな粉入りの容れ物に
上手に 投げ入れられたものを  女性陣が手早く整え 箱詰め。
すばらしいチームワークでした。
(お写真の 許可頂いています。)
f0233193_234851.jpg

















それから こんなところに 移動したり
f0233193_23431390.jpg




美術館にもいったり。

いつもと変わらぬ車窓からの嵐山の風景に ほっとしました。
f0233193_23444142.jpg









両親といつも通りに いろいろな話をしているうちに 気持ちが少しづつ 落ち着きました。


3連休後 東京に戻ってきてからは 恐る恐る地下鉄にものって通勤しはじめ
いろいろなことがあって 今に至っています。


仕事、習い事、外食、ゴルフなど 生活は通常モードになってきていますが
心の中は いまも様々な思いがあります。
まだまだ 困難な状況な方が たくさんいらっしゃるのに。。。と。

私にできることは 小さいけれど 今も変わらず 節電と義援金、東北の物品購入。
これからも 続けていこうと 思っています。
そして 日々 通常通り過ごしていこうと 思っています。



北野天満宮にあったこの古木、
今回の震災より もっと昔にあった震災より ずっと前からここにあって
たくさんの人に梅の花を見せてきてくれたのでしょうね~。
f0233193_22431062.jpg

by daisukicoochan | 2011-05-29 22:21 | 我が家

Cooの御墓

今週末は 台風予報が出ていたので 自宅に おこもり しております。


さて
3月お彼岸3連休の折 私の実家にかえりました。
夫と私とお骨のCooの3人で。
今回は その時の お話です。


2009年10月28日に16歳で 虹の橋に旅立ったCoo。
Cooの納骨をどうしようか 悩んでいました。
心をこめて丁寧にお葬式をしてくださったお寺さんに御墓もお願いしようかな~、
とも思ったのですが 
夫も私も 東京出身の人ではないので 将来 東京を離れる可能性があります。 


ということで いろいろ検討した結果 
実家の裏庭に御墓を 作ることにしたのです。


Coo父が 土の下に スペースをつくり
f0233193_2224117.jpg





骨壷と一緒に Cooのお気に入りだったお人形たちもいれて。

庭に転がっていた石で 囲むという 田舎~な感じの 御墓です。
f0233193_0141215.jpg





お骨を どのようにしてあげるかは それぞれのおうちで
それぞれの一番いいと 思われる形にしてあげれば
ワンコちゃんたちは しあわせだと 思うのです。

人間と同じようにしなくても いいと思うのです。

私 ほんとは 自宅でずっと 一緒にいようかと 思っていました。

ところが 3月11日に大震災が きたことによって
いろいろな事情を考え 気持ちが変わり 実家に埋葬してきました。


今は 両親が 墓守をしてくれていますし
お隣には 実家のこ、ラブラドールのジョン君が 眠っています。
少し離れた所には 代々実家にいた
ラミちゃん 2代目ラミちゃん サブ君 チーコちゃんも 眠っています。
(一時期は 3頭の多頭飼いだったのです。)

きっと Cooも 寂しく感じてはいないと 思っています。

東京と京都、物理的距離は 随分と遠くなってしまいましたが
私たちのCooへの気持ちは 変わりません。
f0233193_1135351.jpg

(八ヶ岳倶楽部)

f0233193_1152584.jpg

(那須)
by daisukicoochan | 2011-05-28 22:21 | 我が家